フランチャイズ募集

フランチャイズをおすすめする理由

f553280008450fe87b911a73e15a59c1_s

脱サラをして新しい店舗を出したいとお考えの方もたくさんいらっしゃると思いますが、その際には独立事業主として出すか、あるいは有名企業のフランチャイズとして出すか、まずはこの点について検討が必要かと思います。

張り切って自分のお店を出すのは良いですが、現実問題として独立事業主として開業したお店の75%は5年以内に閉店しているという統計があります。つまり生き残れるのは25%、ほとんどの業者は失敗しているのです。一方フランチャイズとして出店した場合には5年後も70%が安定営業を継続しており、その差は歴然としています。
確かに自分のお店を出すならばどの企業にも属さず自分のオリジナルのブランドで打ち出し、事業展開をしていきたいという思いはわかります。元々サラリーマンとして働いていたなら尚更で、自分の力で何とかやっていきたいと考えるのが普通でしょう。しかし、本当に上手くやっていける根拠はあるのでしょうか? ただ「自分のお店を開きたい」という思いだけが先行し、現実的に考えられていないということはありませんか? 大金をかけて自分のお店を開いて数年で一挙にお金をドブに捨てるような使い方は非常に勿体ない。そういう失敗をした人はたくさんいるし、未だに存在しています。

安定・安心の営業をスタートさせるには「オリジナル」という概念を捨てて、フランチャイズでオープンすることも1つの方法です。
フランチャイズはある企業の出資を受けて、運営のノウハウや看板をもらい、かつブランド力のある商品を販売し、確立された流通ラインを使って、広告戦略も企業に任せ、事業主である自分はオペレーションに集中することができます。
企業に属す、といっても店舗の運営自体はオーナーの自由です。オリジナル性ももちろん出すことができますし、本部から束縛されるようなこともありません。ブランドを借り、そして使用している以上はそのイメージと信用を失墜させない営業をする責任がありますが、何といっても成功したパッケージをそのまま利用できる点が大きなメリットで、特に資金力もノウハウがあまりなくても簡単に始められる点が大きいです。

加盟している店舗同士で情報を共有しながら最新のノウハウを手に入れることができ、本部の援助や協力を受けながら安定した営業が約束されています。そんな環境・待遇で営業できるのですから、よっぽど下手な運営をしない限りは失敗することもありません。
「フランチャイズ」と聞くと、新しく開業を考えられている方は抵抗を覚えるかもしれませんが、以上のようなメリットがあり、実際フランチャイズで出店される個人事業主も増えてきています。ぜひ一度検討されることをおすすめします。

フランチャイズ募集で新しいお店